メニュー

男性型脱毛症/AGA(エージーエー)

はじめに

昔から、人は見た目よりも中身が大切だ、と言われてきました。ただ、最近では、中身だけでなく見た目も大切だと考えられるようになってきています。

実際、見た目は気にしないという男性でも、髪の毛(髪質や髪型など)を気にしない人はほとんどいません。そして、男性の多くが、50歳前後になると、AGAと呼ばれる薄毛に悩むようになります。もちろん、薄毛でもカッコいい男性はいますし、友達や同僚が薄毛でもそれほど気にはなりませんが、なぜか自分の薄毛はとても気になるものです。

ツノクリでは、皆さんが薄毛かどうかより、皆さんが薄毛を気にすることで日常生活での満足感が下がってしまうことを、もったいないと思っています。そのため、自分の薄毛に悩んだり、落ち込んだりするのであれば、治療をしてみることは良いことだと考えています。必ずしも、治療によって皆さんが満足するほど薄毛は改善しないかもしれませんが、科学的に確からしいとされている治療があるのなら、挑戦してみる価値はあると思います。

男性にとって見た目も大切な時代になり、世の中には薄毛治療薬があふれています。ツノクリでは、せっかく高いお金を払って挑戦するのであれば、最も科学的に確実とされる治療を選んでもらいたいと考えています。インターネト上には、多くのAGA治療専門クリニックの情報があふれています。個人的には「MSD製薬」の「AGA-news」が素晴らしいと思います。Webでのセルフチェックもありますので参考にしてみて下さい。

Q1.AGA治療の流れを教えてください。

全てが自由(自費)診療ですから、それぞれのクリニックが、初診時の診察から処方までを決めることができます。

ツノクリでは、AGA治療の説明をした上で、皆さんに治療の希望があるかを確認します。治療すると決まれば、通常、当日にクリニックでお薬を貰って帰ることができます。

ツノクリでのAGA治療の流れ

※ あくまで一般的な流れになりますので、状況により変わることがあります

電話予約から初診まで

ツノクリへ電話で、AGA外来の希望と①名前、②年齢、③電話番号を伝えて、来院(初診)日を予約してください。
※ 予約がないと、当日、お薬を持って帰れない場合があります)

初診時

初診時に持ってきてもらうもの

①健康診断票、②お薬手帳(もしくはお薬)、③お金

※ 全てが自由(自費)診療ですから、健康保険証は必要ありません

  1. 受付でAGA治療の希望と名前を伝えてください
  2. 待合室で問診票を記入してください
  3. 診察室で医師の問診、診察を受けてください
  4. 効果やかかるお金を確認して、治療するか相談してください
  5. お薬を使う際の注意点を確認してください
  6. 受付で治療の説明冊子とお薬(28もしくは30日分)を受け取り、お金を支払ってください

再診時

2回目の受診は28もしくは30日後、3回目以降の受診は90日間隔

  1. 受付でAGA外来に来たことを伝えてください
  2. お薬の副作用がなかったかなどを伝えてください
  3. 受付でお薬(90日分)を受け取り、お金を支払ってください

Q2.AGAは(健康)保険診療の対象になりますか?

いいえ、全て自由(自費)診療になります。

AGAは、理由やお薬に関わらず、診療の全てが(健康)保険診療の給付対象にはなりません。そのため、患者さんが自由(自費)診療として、治療に関わる診察、処方箋、お薬の指導、ならびにお薬などにかかる全てのお金をクリニックに支払うことになります。

Q3. AGA治療にはどのくらいお金がかかりますか?

全てが自由(自費)診療ですので、それぞれのクリニックが、値段を設定することができます。

ツノクリでは、次のように値段を決めています。他のクリニックでの値段設定なども参考にしてみて下さい。

初診料(服薬指導料などを含む)

2,200(税込)

再診料(服薬の状態確認などを含む)

1,100(税込)

お薬

デュタステリド0.5mg 30カプセル

¥9,900(税込)

フィナステリド1mg 28/90錠

¥6,820/¥21,670(税込)

ヴェラルティス(ミノキシジル5%)60mL

7,700(税込)

育毛シャンプー(1か月分)

6,820(税込)

※ ヴェラルティス(ミノキシジル5%) 60mL(1~2か月分)

米国で唯一、育毛効果が証明され、認可されている育毛剤です。お薬と一緒に使うとより効果が高まることが報告されています。お薬は1日2回、1回5プッシュ、薄毛の気になる箇所に塗布して、お薬が浸透するように頭皮に揉みこむようにマッサージしてください。

Q4.AGAとは何ですか?

成人男性の髪の毛が薄くなる状態です。

AGAとは、遺伝や男性ホルモンの影響で、額の生え際や頭頂部の髪の毛が、薄くなる状態です。抜け毛や薄毛が多くみられる部位には、男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)が多いことが分かっています。DHTは髪の毛を作る毛包に作用して、髪の毛が太くかつ長くなる前に、抜ける仕組みを作り出すと考えられています。髪の毛が細いかつ短い状態で抜けてしまうため、髪の毛が薄く見えてしまいます。

Q5.AGAはどのように進行しますか?

年または月の単位でゆっくりと進行していきます。

AGAは、抜け毛や薄毛がゆっくりと進行していきます。皆さんが気付いた時には、髪の毛が薄いという人が多いようです。

Q6.AGAはどのように治療しますか?

お薬を飲みます。

AGAでは、男性ホルモンであるDHTが、髪の毛を作る毛包に作用して、髪の毛が太くかつ長くなる前に抜ける仕組みを作り出すと考えられています(→Q4)。そのため、お薬の作用でDHTを作る酵素を邪魔(阻害)してDHT量を減らします。DHTが作用しなければ、髪の毛が細くかつ短い状態で抜けることを防ぐことができ、髪の毛が太くかつ長くなることが期待できます。

Q7.AGAのお薬に種類はありますか?

はい、2種類あります。

ザガーロ(一般名:デュタステリド)とプロペシア(一般名:フィナステリド)があります。

Q8.2種類のAGAのお薬に違いはありますか?

はい、あります。

2種類とも、DHTを作る酵素を邪魔(阻害)して、DHT量を減らすことで抜け毛と薄毛を予防します。ただ、DHTを作る酵素のほとんどを邪魔(阻害)できるデュタステリドは、7割程度を邪魔(阻害)するフィナステリドより効果があるとされています。  ツノクリでは、せっかく高いお金を払って挑戦するのであれば、最も科学的に効果があると考えられる治療を選んでもらいたいと考えているため、ザガーロ(一般名: デュタステリド)を飲むことをお勧めしています。デュタステリドもジェネリック(後発品)が発売されましたので、使いやすくなりました。

〇 ザガーロ(デュタステリド)とプロペシア(フィナステリド)の違い

お 薬

デュタステリド

フィナステリド

容 量

0.5mgカプセル/日

1mg錠/日

増えた髪の毛(24週後)

頭頂部(直径2.54cm)

89.6本増加

56.5本増加

値 段

約330円/日

約250円/日

第II/III相二重盲検比較試験(917例(日本人200例を含む))
Am Acad Dermatol.70;489-982014

Q9.お薬はすぐに効果が出ますか?

いいえ、お薬の種類に関わらず、少なくとも3~6か月ぐらいはかかります。

お薬は、DHTが作られるのを防ぐことにより、毛包が髪の毛を太くかつ長くなるまで成長させることを助けます。一般的に、毛包は数か月から数年間かけて髪の毛を太くかつ長く成長させていきますので、効果が出るのには少なくとも3~6か月ぐらいはかかると考えたほうが良いでしょう。そのため、効果が出ないからと言って、すぐにお薬を止めてしまうのではなく、半年間ぐらいはお薬を飲み続けることをお勧めします。

Q10.お薬は誰でも飲むことができますか?

いいえ、成人(20歳以上)男性だけが飲むことができます。

お薬の主な作用は、男性ホルモンであるDHTを抑えることから、成人男性だけに使うことができます。成人男性でも、前立腺肥大症や前立腺癌の治療をしている患者さんは、似たような作用のお薬を飲んでいることがありますので、その場合には、お薬を飲むことはできません。

Q11.お薬に副作用はありますか。

はい、どんなお薬にも副作用はあります。

デュタステリドとフィナステリドは、まれですが副作用がみられることがあります。

男性ホルモンを抑えるために生じる、勃起不全や性欲減退などがあります。これは、お薬の効果そのものによる影響ですので、十分に想定されることです。他には、めまいなどがありますが、実際にお薬を飲んだ患者さんのうち、これらの副作用がみられたのは1%未満でした。ただし、どんな副作用が起きるかを予想することはできませんので、もし、お薬を飲み始めて、いつもと違うことが起きた場合にはクリニックに相談して下さい。

Q12.お薬を管理するにあたって特別な注意点はありますか?

はい、妊娠中もしくは妊娠の可能性のある女性には、絶対に使わないでください。

お薬は、お腹の中にいる男の子の生殖器に異常を起こす恐れがあります。そのため、妊娠中もしくは妊娠の可能性のある女性が、間違ってお薬を飲んだり、破片や粉を飲み込んでしまったりしないように、特に注意が必要です。

Q13.お薬を止めたらどうなりますか?

ゆっくりと元の(抜け毛および薄毛の)状態に戻ります。

一般的に、毛包は、数か月から数年間かけて髪の毛を太くかつ長く成長させていきます。お薬で、数カ月から数年かけて髪の毛を太くかつ長く成長させていきますので、お薬を止めれば数か月から数年で元の(薄毛の)状態に戻ってしまいます。

Q14.クリニックによってAGA治療の効果は違いますか?

いいえ、一般的には、お薬が同じなら効果は同じです。

専門クリニックを含む多くのクリニックで、AGA治療として、デュタステリド(もしくはフィナステリド)を使っています。確かに、毎日の生活(ストレスや睡眠不足)や喫煙などがAGAの原因になると考えられていますが、生活指導によってAGAが改善することは確認されていません。もちろん、AGAは良くならないかもしれませんが、ストレスや睡眠不足を減らして、禁煙することは、皆さんの健康にとっては大切です。

ツノクリでは、AGA治療は、通院しやすくかつ信頼できるクリニックに通いながら、良心的な値段で治療してもらうのが一番だと考えています。インターネット上ではAGA治療専門クリニックの情報が溢れていますので、比較して検討してみて下さい。

第一版 2021年07月01日

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME