メニュー

虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)の診断・治療

狭心症、心筋梗塞虚血性心疾患とは、心臓を栄養する動脈(冠動脈)がつまったり狭くなったりすることで、心臓の筋肉(心筋)への血液の供給が滞ったり減ったりすることによって、心臓に障害がおこる疾患を言います。特に、心筋梗塞は、日本人の突然死の40%を占めるとされ、緊急の検査や治療が必要になります。

一般的に知られている狭心症や心筋梗塞などは、虚血性心疾患に含まれます。

狭心症・心筋梗塞

心臓を栄養する動脈(冠動脈)がつまったり狭くなったりすることで、胸の痛みや締めつけるような圧迫感などが出現することがあり、これを心筋梗塞や狭心症と呼びます。。動脈が完全につまってしまえば、すぐに心臓の筋肉(心筋)の壊死が始まり、心筋梗塞と呼ばれる状態になり、緊急の検査や治療が必要になります。

原 因

生活習慣病である高血圧症、高コレステロール血症、糖尿病、肥満やストレス等が原因とされています。

診断・治療

症状が安定していればお薬による治療が行われることがありますが、命に関わる病気ですから、まずはしっかりと診断する必要があります。当クリニックでは、連携病院で冠動脈CT検査や冠動脈造影(心臓カテーテル)検査ができるように、紹介状をお渡しします。もちろん、検査結果によって治療が必要と判断されれば、心臓を栄養する動脈(冠動脈)広げるためのカテーテル治療や外科手術を行うこともあります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME