メニュー

脂質異常症とは

 脂質異常症は、食べ物によって摂取されたコレステロールや中性脂肪が増えることによって生じます。これらの増えたコレステロールの一部は、血液からあふれて周りの血管の壁に入り込み、動脈硬化を起こします。一方で、中性脂肪が増えると、中性脂肪を分解する酵素が過剰に分泌されてお腹の中にやけどを起こしたり(膵炎)、肝臓に溜まって肝臓の能力を衰えさせたり(脂肪肝)します。 

原 因

 多くの場合は、遺伝的な要素に、生活習慣病が加わることによって生じます。遺伝的な要素を治療する方法はありませんので、生活習慣を改善したり、お薬を飲まなくてはならなくなる可能性があります。

診断・治療

 脂質異常症には診断基準があります。
    検査項目       検査値         診断名
LDLコレステロール     140 mg/dL以上    高コレステロール血症
HDLコレステロール     40 mg/dL未満    低HDLコレステロール血症
トリグリセライド(空腹時)  150 mg/dL以上    高トリグリセライド血症

 もちろん、脂の多い食事を控える必要があり、運動を心がける必要があります。それでも改善しない場合には、お薬を使うこともあります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME