メニュー

肥満、過体重

生活習慣病 まずは、自分の適正体重を知ることから始めましょう。日本人の適正体重は、病気にかかりにくいとされる体格指数(BMI)が22のため、
   適正体重 = 身長(m)× 身長(m)× 22(体格指数) で求められます。
おおよそ、150cmなら50kg、160cmなら56kg、170cmなら64kg、180cmなら71kgです。

 身長と体重からBMIを算出し、25以上であれば肥満と診断されます。ただし、スポーツやボディービルなどをやっている人などは当てはまらない場合もあります。

肥満と生活習慣病

 生活習慣病には糖尿病(耐糖能異常)、高血圧症、脂質異常症(高コレステロール血症、高中性脂肪血症)、肥満症、痛風(高尿酸血症)などがあります。これらは密接に結びついており、肥満症の改善によって、他の生活習慣病も改善する可能性があります。

診断・治療

 まず、原因となる生活習慣を改善し継続することができるか挑戦してもらいます。ただ、毎日の生活を変え、継続することは大変難しいことも確かです。アドバイスはしますが、やはり、頑張らなければならないのは自分自身です。なかなか効果がみられなければ、相談の上、お薬を飲んだり注射をしたりすることが必要になるかもしれません。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME