メニュー

糖尿病とは

概 要


 糖尿病とは、血液中の血糖値が慢性的に高い値を持続する病気です。一般的に糖尿病と呼ばれる者の多くは2型糖尿病で、食べ過ぎや運動不足により慢性的な高血糖状態が続き、膵臓の働きやインスリンの働きが弱まって生じます。遺伝的な要素も大きく、両親が糖尿病の場合にも発症する可能性が高いとされます。

 糖尿病それ自体は症状に乏しい場合がほとんどですが、高血糖によって細い動脈がつまることにより眼(網膜症)と腎臓(腎症)と末梢神経(神経症)がゆっくりと進行してきます。

原 因

 一般的に糖尿病と呼ばれる者の多くは2型糖尿病では、食べ過ぎや運動不足により慢性的な高血糖状態が続き、膵臓の働きやインスリンの働きが弱まって生じます。遺伝的な要素も大きく、両親が糖尿病の場合にも発症する可能性が高いとされますが、やはり遺伝よりも生活習慣が大切であることが知られています。インスリンの必要量が不足する1型糖尿病は、膵臓が何らかの原因で壊されてしまい体内でインスリンを作ることができなることによって生じます。

症 状

 2型糖尿病の場合、初期症状はほとんどないため、健康診断で指摘されても受診しない患者さんも多いのが現状です。しかし、悪化してくると、喉が渇いたり、疲れやすくなったり、体重が減ったりといった症状が見られることがあります。糖尿病それ自体は症状に乏しい場合がほとんどですが、高血糖によって細い動脈がつまることにより眼(網膜症)と腎臓(腎症)と末梢神経(神経症)がゆっくりと進行してきます。糖尿病性網膜症は失明の原因になり、糖尿病性腎症は血液透析の原因になり、糖尿病性神経症は慢性的な痺れの原因になります。しばしば、太い動脈がつまることもあり、脳梗塞や心筋梗塞などの原因にもなります。

検査・診断

 血液検査で血糖値やHbA1c(ヘモグロビン・エーワンシー。過去1〜2ヵ月の平均的な血糖値を調べる指標)の値を調べます。

 確定診断をするためには、血液検査は最低2回実施して、以下の4つのいずれかが両日で確認されると糖尿病と診断されます。

(1)早朝空腹時の血糖値が126mg/dL(1デシリットル中に126ミリグラム)以上

(2)75グラム経口ブドウ糖負荷試験(空腹時に75グラムのブドウ糖を混ぜた水を飲む検査)で2時間後の血糖値が200mg/dL以上

(3)食事と関係ない血糖値(随時血糖値)が200mg/dL以上

(4)HbA1cの値が6.5%以上

 ただし、1度の検査で(1)〜(3)のうち少なくとも1つと(4)が同時に確認された場合には、その検査で糖尿病と診断されます。2型糖尿病は、生活習慣病が原因となるため、他の生活習慣病も持っていないかを確認する必要があります。もちろん、定期的に眼科にも受診して眼(眼底)の状態を確認してもらう必要があります。

治 療


 2型糖尿病の場合、生活習慣の改善が大切になります。食事の量を減らしたり食べ方を工夫したり(食事療法)、適度な運動を行ったり(運動療法)することで血糖値は徐々に改善していきます。ただし、ちゃんとした生活習慣が行われていればなりにくい病気ですから、その生活習慣を変えることはとても大変です。おおよそ、2〜3ヵ月ほど食事療法と運動療法を続けて、血糖値などに改善が見られない場合には、経口血糖降下剤やインスリン注射あるいはGLP‐1受容体作動薬注射などによる薬物療法が必要になる場合がほとんどです。

 インスリンの必要量が不足する1型糖尿病では、速やかにインスリン注射を行って、インスリンを補充してあげることが必要です。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME